2015年10月16日更新 今回は「旧東海道」をお届けします。

今回は京都山科区を通る、歴史ある「旧東海道」をご紹介します。

徳林庵

徳林庵
  • 徳林庵
  • 徳林庵
  • 徳林庵
  • 徳林庵

京の六地蔵めぐり「徳林庵」

立派な井戸のあるお寺、「徳林庵」でお参りさせていただきました。徳林庵は臨済宗南禅寺派のお寺。身の丈3mほどもある地蔵菩薩様は、1150年ほど前の平安時代に、一本の桜の大木から彫られたと伝えられています。
六地蔵めぐりの一番東側に位置しており、毎年8月22日、23日の"六地蔵めぐりの日"には、全国の方々がお参りにいらっしゃいます。お売りしている青色の"お旗"を家の軒先に吊るしておくと、お地蔵様が見守ってくださると言われています。

お寺の境内にある、歴史ある井戸に案内していただきました。
休憩所として使われていた場所なので、馬もお水を飲みやすいように、普通の井戸より低く作られています。井戸に書いてあるマークは、昔、飛脚さんの共通のマークとして使われていたそう。恋舞妓も、井戸から水を出してもらって大はしゃぎ♪

次に案内していただいたのは、茶所。
歴史的に古い茶釜があり、この茶釜でお茶を沸かして休憩していたそう。お釜の大きさに恋舞妓もびっくり。茶所にお住まいの小山さんにお話を伺いました。珍しい四体石仏が安置されています。

住所 山科区四ノ宮泉水町16
TEL 075-583-0353

亀屋

亀屋
  • 亀屋
  • 亀屋
  • 亀屋
  • 亀屋

地元で人気の和菓子「亀屋」

歴史ある旧東海道を、ぶらり散策する恋舞妓のふたり。雰囲気のある和菓子屋「亀屋」さんにお邪魔し、お菓子をいただきました。

茉利佳ちゃんがいただいたのは、山科浪漫。カステラのような生地の中に、粒餡と求肥のお餅が挟んであります。佳つ扇ちゃんは、ぱい菓 栗をいただきました。パイ生地の中に、粒餡と一個まるごとの栗が入っています。どちらも和洋折衷の若い方向けのお菓子とのことで、可愛い恋舞妓にぴったり。

「亀屋」さんは、昭和2年創業。今年で88年目になります。
地元の人達に愛されている和菓子屋さんです。

  • 山科浪漫 1個 170円
  • ぱい菓 栗 1個 220円
住所 山科区四ノ宮堂ノ後町17
TEL 075-581-0016
営業時間 9:00〜19:00
定休日 火曜日
URL http://yamashina-kameya.com

和牛処 鈴や

和牛処 鈴や
  • 和牛処 鈴や
  • 和牛処 鈴や
  • 和牛処 鈴や
  • 和牛処 鈴や

肉屋さんが作る絶品カレー「鈴や」

和菓子の「亀屋」の奥さんに紹介していただいた、カレーのお店に向かう恋舞妓のふたり。店内は美味しそうなお肉がいっぱい。お肉屋さんの横にイートインスペースがあります。

こちら「鈴や」では、お肉屋さんで作ったコロッケやミンチカツなどをその場で揚げて、カレーにトッピングできるんです。トッピングのおすすめは、一番人気の四ノ宮コロッケと、自家製ミンチカツ。

茉利佳ちゃんは、元祖四ノ宮カレーに、ウィンナーカツとミンチカツをトッピング。佳つ扇ちゃんは、すじカレーに、四ノ宮コロッケと生卵をトッピング。和牛のすね肉と、淡路で取れた玉ねぎをブレンドして、スープをとったカレーの美味しさに、大喜びの恋舞妓。

スープは、炊いたり寝かしたりを一週間ほど繰り返すそう。
和牛専門店ならではのカレーに、リピーター増加中です。

  • 元祖四ノ宮カレー 450円
  • ミンチカツ 160円
  • ウィンナーカツ 60円
  • すじカレー 550円
  • 四ノ宮コロッケ 80円
  • 生卵 50円
住所 山科区四ノ宮神田町42-33
TEL 075-581-5898
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜・祝日
URL http://www.shinomiya-suzuya.com
最近の放送
2018年2月16日~ 近鉄 新田辺
2018年2月1日~ 京田辺
2018年1月16日~ 新京極六角
2018年1月1日~ 三条名店街 商店街
2017年12月16日~ 総集編

過去放送内容一覧へ

「恋舞妓の京都慕情」 オフィシャルブック

「恋舞妓の京都慕情」 オフィシャルブック 恋舞妓が教える、地元の京都

恋舞妓が教える、地元の京都
〈DVD & MAP付〉

詳しくはこちら

恋舞妓おふぃしゃるふぁんさいと

恋舞妓おふぃしゃるふぁんさいと

恋舞妓シスターズの
写真や動画が見放題!

詳しくはこちら

「京都遠恋物語」 唄 恋舞妓

「恋舞妓の京都慕情」 オフィシャルブック 恋舞妓が教える、地元の京都

祇園の舞妓が歌う番組主題歌
〈作詞作曲:円 広志〉

詳しくはこちら